記事一覧

1737年創業のスイス時計会社ファーブル・ルーバからレトロフューチャーデザインの時計が登場

1737年創業の歴史あるスイス時計ブランド「ファーブル・ルーバ」のユニセックスモデル「レイダー・シーバード」にカーフレザーの新バリエーションが登場します。レイダー・シーバードは2017年に発表。由緒あるレトロフューチャーデザインをケース径37mmに再構築したモデルで、エレガントかつ力強い存在感を有します。1970年代のファーブル・ルーバの時計に原点を持つレトロフューチャーデザインを構成するのは、ケースにおいてはクッションケースと14角形の風防リングであり、文字盤においては独特の形状の針とスクエアインデックスです。また、光沢を放つミッドナイトブルーの文字盤は、フルーテッドベゼルの鏡面仕上げとブラウンカーフストラップと呼応しエレガンスを体現しています。


ストラップはカーフレザーを採用。ステンレススティールケースにカーフレザーをあわせていた1970年代以前の「時計とストラップの組み合わせ」を継承しつつも、カーフレザーストラップには現代の時計らしい「厚み」をもたせることで、時計本体の存在感とストラップのバランスを取っています。「小径のケースとカーフレザー」という伝統的な組み合わせを有するものの、かつてはほとんど存在しなかったガルバニック処理された光沢のあるブルー文字盤や、厚みのあるカーフレザーストラップを持つレイダー・シーバードは、ヴィンテージウォッチの正統進化形「ネオ・ヴィンテージ」と言えます。


レイダー・シーバードはファーブル・ルーバの実用時計哲学を継承しています。10気圧(100m)防水を確保し、ストラップを装着するためのラグは手首に合わせた位置で設計されているため着け心地も快適です。搭載しているムーブメントはスイス製自動巻きムーブメントETA2824-2がベースなので当社の日本の修理工房を含め国内に修理できる職人も多く、長きにわたり安心してお使いいただくことができます。


1737年にスイス、ル・ロックルにて創業したファーブル・ルーバは、1960年代に世界で初めて腕時計に高度計や水深計を搭載するなど実用時計のイメージが強いブランドですが、1960年前後に登場したシーバードもメカニカルアラームを搭載した実用時計でした。シーバードはファーブル・ルーバのユニークな歴史を象徴するモデルです。というのも1970年代にはファーブル・ルーバは、ほぼ同時期に2種類のメカニカルアラームムーブメントを使用したアラームウォッチを販売していたのです。A.シールドの手巻きアラームムーブメントを搭載したモデルが「シーバード」で、当時兄弟会社であったジャガー・ルクルトの「メモボックス」の自動巻きアラームムーブメントを使用したモデルは「メモレイダー」として販売されました。シーバード は2017年に「レイダー・シーバード」となった際にメカニカルアラームウォッチとしての役目は終えましたが、その歴史は実用時計哲学として継承されています。

20歳男性への誕生日プレゼント——New Balance

リーバイス(Levi's)とニューバランス(New Balance)が、限定ユニセックススニーカー「リーバイス×ニューバランス M1300CL」を発売。2020年4月24日(金)より、リーバイス 原宿 フラッグシップストア、リーバイス 大阪、ドーバーストリートマーケット ギンザなどで販売される。

ニューバランス「M1300」とは
「リーバイス×ニューバランス M1300CL」は、ニューバランス「M1300」シリーズの35周年を記念した限定コレクション。「M1300」は、1985年にテクニカルランニングシューズとして誕生し、優れたクッション性やブランドを象徴するグレーカラー、オーセンティックなデザイン、クオリティの高いヌバックレザーとメッシュのコンビネーションで人気を博したスニーカーだ。
発売当時、ランナーだけでなく、ファッション、カルチャーシーンからも注目を集め、アメリカで130ドル、日本では39,000円という当時のランニングシューズ市場では類を見ない価格設定も話題を呼んだ。
1995年以降は、約5年の周期で復刻。2020年2月22日(土)には7代目となる「M1300JP3」が発売されるなど、スニーカーファン垂涎のモデルとなっている。
スエード&デニムアッパーのコラボスニーカー

そんな「M1300」から派生したクラッシックバージョンが、今回のコラボレーションモデルのベースとなっている「M1300CL」。「M1300」より屈曲性を高めている点も特徴的だ。
「リーバイス×ニューバランス M1300CL」では、リーバイスの歴史あるシューズコレクション「Levi's for feet」を着想源に、クラシックな「M1300CL」シルエットにスエード&デニムのアッパーを落とし込んだ。デニムファブリックには2017年に閉鎖されたアメリカ・コーンミルズ社ホワイトオーク工場のデッドストックを使用。
製造は同じくアメリカ・メイン州のニューバランス・スコヘーゲン工場で行われ、2つのアメリカブランドの品質と職人技が結集した特別な一足に仕上がっている。

オレンジの中敷きにはリーバイスのロゴ、シューズの左側面にはリーバイスのオレンジタブを配して。ボックスの底にはオレンジカラー、上部はリーバイスのレザーパッチカラーを採用し、ハングタグも付属した。
なお、リーバイスとニューバランス MADE IN USA モデルがコラボレーションするのは、今回が初の試み。また、1969年に当時の若者たちの自由で開放的なスピリットを反映したラインとして誕生した「オレンジタブ」が、シューズブランドで使用されるのも、今回が初めてとなる。